このエントリーをはてなブックマークに追加

Mission

  • 朝の苦手な人が、たのしく早起きできたら。
    時間と心に余裕が生まれ、家族や友人との関係をより良いものにしてくれるでしょう。
    そして、勉強や仕事に立ち向かうチカラにもなると思いませんか。

    Morning Relayは時差をつかって、すでに朝を迎えた人が次に朝を迎える人を起こします。
    この小さな好意のリレーによって、世界をちょっぴり良いものに変えることが、私たちの使命です。

Application

  • この地球上では、いつもどこかで、順番に朝が訪れています。

    あなたは、朝、もう起きている人から起こしてもらうことができます。
    そのお返しに、暇な時間に、これから起きようとしている別の人を起こします。

    えっ? 人を起こすなんて面倒? 大丈夫! Morning Relayでは、人を起こすことがゲームになっています。あなたは楽しくて熱中してしまうはず。もちろん、プライバシーにも十分考慮します。

    もし興味を持っていただけましたら、開発の状況をタイムラインでお伝えしますので、Twitterをフォローしていただくか、Facebookの「いいね!」を押してください。
    開発中はとにかく心細いので、ご意見をいただいたり、見守っていただければうれしいです。

    開発する理由

 

Concept

  • Concept Movie 1 - Japanese Poem

    僕が中学校の国語の教科書で習ったことがある谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」です。 こんなイメージで時差を使って誰かを起こすことをリレーできれば、みんな気持よく起きられるんじゃないかと思っています。(再生時間:1分03秒)

  • Concept Movie 2 - American Film

    人にうれしいことをしてもらったとき、その人に直接お返しするとお互い気持ちがよくなります。 ただ、誰かからの厚意に対して、その人とは別の人にお返しするようにすれば、うれしい気持ちがもっと多くの人に広がることになります。 これは、映画ペイ・フォワード(Pay it Forward)のコンセプトと同じです。(再生時間:1分45秒)